銀行口座は作れるのでしょうか?

はい。フィリピンでも銀行口座の開設は可能です。

ただし、ACR-I Cardと呼ばれる外国人登録証が必要になります。こちらは学校が代理申請してくれますので、ご安心下さい。

またフィリピンの銀行口座はフィリピンペソの他に、USドル、日本円の口座を選択できるのが特徴です。銀行や支店により取扱いは異なりますので、詳しくは学校のスタッフにご相談下さい。

クレジットカードは使えるのでしょうか?

はい。使うことができます。

ショッピングモール内やある程度大きなお店であれば利用が可能になっています。
Visa、Master Card、JCBなど日本でも使われている主要ブランドは基本的に使えますが、お店によって一部使えないブランドもありますのでクレジットカードの利用を考えていらっしゃる方は複数のブランドをお持ち頂くことをおすすめ致します。

フィリピン留学期間中に使う生活費などのお金はどのように持っておきますか?

フィリピンでお金を持っておく、管理するには主に下記のような方法があります。
資産を分散してセキュリティを高めておきたいので、できるかぎり下記の方法全てを持っておいた方が良いと思います。

・現金で持っておく
ショッピングモールなど、比較的新しい施設ではカード払いが可能ですが、小さな商店などでの支払いは基本的に現金のみの支払いになります。日本で両替をしていかなかった場合でも、現地空港やホテルなどで両替する事ができます。ただし、大金を持って街を歩くのは、時間帯に関わらず非常に危険なので、必要最低限の手持ちにしておくことをお勧めします。

・クレジットカード
ビザカード、マスターカード、アメリカンエクスプレスなどの国際主要ブランドはある程度大きなショッピングモールでしたら大抵どこでも使用することができます。また、キャッシング枠をご契約されている場合、現地のATMで現地通貨での引き出をすることも可能です。こちらにつきましては、必ず現地渡航前に、カード発行会社へご自身の契約内容をご照会下さい。
クレジットカードは悪用されることも想定されるので、利用する場所はしっかりと注意して利用してください。

・国際キャッシュカード
国際キャッシュカードは日本の口座にあるお金が現地のATMで引き出せるカードです。メガバンクや大手地方銀行などで取扱いしています。近年になり、口座にお金が入っている分だけカード決済ができるというような
デビットカードというものの機能が付いたキャッシュカードも発行されています。

※トラベラーズチェックは現在発行がされておりません。

フィリピンの物価はどのぐらいですか?

フィリピンの物価は、モノにもよりますが、日本の物価より、約半分から5分の1程度安くなりますね。
食べ物、特に、バナナやマンゴーなどの果物は格段に安い値段で売られています。自炊をする方は確実に日本より食費を抑えることができます。また、レストランで食事をする場合も300円ほどで満足できますし、ファーストフード店などの定価も大体日本の半額ほどに収まります。