土日にも授業を受けることはできますか?

はい。受けることができます。

土日にも授業があるプランをご紹介していますので、みっちり勉強されたい方にはご希望に合わせてご案内をさせて頂いています。

土日の授業の内容や時間に関しては学校、コースによって異なります。

途中でコースの変更は可能ですか?

学校やカリキュラムによって条件は異なりますが、途中でコースを変更することは可能です。

学校によってコースの料金が異なる場合もあるので、変更をする場合は追加で費用を支払う必要があります。
また、学校によってはコースの変更届の提出期限や講師の状況などによっても変更できない場合があるので、事前に確認をしておきましょう。

現地で期間の延長はできますか?

学校の延長希望を出しても必ず延長ができるとは限りません。

フィリピンの語学学校はほとんどは学生寮やホテルでの滞在になっているため、滞在先の空き状況によって延長ができるかどうかが変わってきます。学校の空き状況は約3ヵ月前から徐々に埋まってしまうので、卒業の直前ですと延長は難しいかもしれません。

また、日本の長期休みの時期ですと、フィリピンの留学はピークのシーズンになるので、延長はさらに厳しくなります。

フィリピン留学は最短でどれぐらいから可能でしょうか?

学校によっては1日から可能です。
週末だけの授業のコースを設けていたり、1日単位で受講が可能な学校もございます。
そういった学校を選ばれる場合は1日、2日からでも留学が可能です。
ただし、多くの学校が1週間からの受付としている場合がほとんどです。

マンツーマンの先生はずっと同じ方ですか?

マンツーマンのコマ数によっても異なりますが、留学期間中すべて同じ講師ということは珍しいですが、毎日頻繁に講師が変わることもありません。また、マンツーマン授業なので、講師との相性が合わないという場合もあるかもしれません。その場合は学校に相談をして担当を変えてもらうことができる学校もありますが、時期によっては希望が通らないこともあります。

日本人があまりいない学校を探しているのですが、日本人が低い学校を選んだ方が良いでしょうか?

まず結論から言うと、日本人の低い高いということで英語力の伸びにはあまり影響されないと思います。
理由としては、2つあります。
一つ目は、フィリピンの語学学校では、マンツーマンを含む、少人数での授業が日中、夜間に関わらず一日中行われているので、常に自分自身の英語力に合わせた学習ができます。学校によっては、その学校・学生寮に住んでいる講師がいたり、夜間の時間帯まで講師にいつでも質問できる環境が用意されていることもあるので日本人と話すより講師と話す方が多く、日本人がいたとしても、話すのはほんとうに短時間というのが現状の様です。

二つ目としては、フィリピンの語学学校に通う留学生は、日本人と韓国人がほとんどを占めています。アジア人がほとんどを占めている事から、英語を母国語とする国への留学(アメリカ、オーストラリア、カナダ、イギリスなど)と異なり、そこまで日本人を避けなくても良いと思います。

日本人がフィリピンが語学学校を選ぶときは、日本人が経営している語学学校と、その他の資本が経営されている語学学校はどちらがお勧めですか?

日本人資本と外国人資本の学校はそれぞれ特徴が異なりますので、ご自身のご希望に合った学校をお選びすることをおすすめ致します。
現在フィリピンには、英語を母国語としない留学生向けの語学学校が多数存在しています。
特に、セブ島で最初に開講された語学学校が韓国人経営だったため、フィリピンでは韓国人経営の語学学校が次々に開講していきました。最近になり、それを追いかけるように、日本人経営の語学学校が増加しています。

日本人経営の語学学校には、日本人のニーズや弱点に合わせた、英会話の発音矯正コースや、社会人向けのビジネス英語等のコースがあることや、いざというときに日本語で相談する事ができる、などの利点があります。

対して、韓国人経営の学校では、韓国人からの需要が高い1日長時間のマンツーマンコースや、TOEICやTOEFLなどの試験対策コースは充実したものがありますが、学校で提供されている食事や、校内でのルールなどが独特なので、日本からの留学生には合っていない場合もあります。

弊社では、お客様のご希望に合わせて学校をご紹介していますので、学校について詳しくお知りになりたい方は、ラララスタッフまでお問い合わせください。