IELTS試験対策コースを学べる語学学校一覧

IELTSコースとは?

IELTSとは、「International English Language Testing System」の略称でオーストラリアをはじめ、イギリスやカナダ、アメリカなどほとんど英語圏の教育機関で受け入れられている英語試験になります。 近年日本での受験者も増え、企業などでも本当につける英語力の証明として認知されています。 英語圏では、留学生が大学や専門学校に入学をする際の英語力の証明で必要になる他、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなどでは移民申請をする際に必要になります。 TOEICなどに比べ、かなり信頼性の高い英語試験になりますので、進学を考えている方以外にもおすすめの試験になります。

ILETS試験概要

IELTS試験はアカデミックモジュールとジェネラルモジュールの2つのタイプがございます。 アカデミックモジュールは専門学校や大学へ入学する際に提出をするテストタイプでジェネラルモジュールは就職や移民申請の際に必要になるタイプです。どちらのテストタイプを受験するかは、 IELTSの試験結果をどのような目的で使用するかによって変わります。 どちらのタイプもリスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの4つのパートで構成され、アカデミックモジュールとジェネラルモジュールでは、リーディングとライティングの試験内容が異なります。 語学学校で開講されているIELTS試験対策コースは主にアカデミックモジュール用の対策コースです。

IELTSの採点方法

IELTSは合格、不合格で判定されるのではなく、0.5点刻みの1.0点から9.0点のスコアで表示されます。リスニング、リーディング、ライティング、スピーキング の各パートのスコアと、総合評価のスコアが算出されます。入学に必要なスコアは各教育機関によって異なりますが、一般的に欧米圏の大学進学の際には、総合評価で6.0から6.5、専門学校の場合は5.5が目安となります。

目安となるコース期間

IELTSのスコアを0.5上げるのにかかる期間は一般的に2か月~3か月程度と言われています。 自分の今の英語力と目標にするスコアで語学学校のIELTS試験対策コースの受講期間は異なってきます。

有効期間

試験結果は2年間有効となります。

IELTS試験対策コースの受講必要な英語レベル

語学学校のIELTS試験対策コースを受講する場合、ある程度英語力がある状態でないと受講ができない場合が多いです。学校によって求められる英語力は異なりますが、中級のIntermediate以上が必要となってくる場合が多いです。

Philinter Academy(フィリンター・セブ)

Philinter Academy(フィリンター・セブ)

$395/週~

セブのマクタン島に位置し空港からすぐの場所にあります。多くの教育査定団体より認可を受けており、質や経営面はお墨付きです。
MONOL(フィリピン・バギオ)

MONOL(フィリピン・バギオ)

$325/週~

バギオという1年通して涼しく安全な地域に位置する語学学校です。外部の娯楽施設がないので、勉強に集中することができます。
A&J(フィリピン・バギオ)

A&J(フィリピン・バギオ)

$375/週~

住みよい都市のフィリピンバギオに位置する語学学校です。オーストラリアやカナダへワーキングホリデーを使って渡航しようとしている方に向けて、その準備コースを用意しています。
BECI(フィリピン・バギオ)

BECI(フィリピン・バギオ)

$600/週~

EECIは、ESL講師の教育に重視した訓練組織であるTESLAと提携。これにより、BECIは最高水準の講師を安定して供給することが出来ます。
3D Academy(スリーディーアカデミー)

3D Academy(スリーディーアカデミー)

15,400円/週~

リゾート地として有名なフィリピン・セブ島の市内の中心部に位置する日本資本の語学学校です。実践的な英語の勉強をモットーにしております。