TOEFL試験対策コース を学べる語学学校一覧

TOEFL - TOEFL試験対策コース を学べる語学学校一覧

TOEFLとは?

TOEFLとは「Test of English as a Foreign Language」の略称で主にアメリカ、カナダなどの北米で使用されているテストになります。世界180か国の70万以上の人がこれまでに受験しており、英語を母国語としない方たちの英語力の証明としては、国際的にその価値が認められています。TOEFLが使われる目的としては主に大学やカレッジなどへの進学になります。そのためテスト内容も大学など講義内容に関連することだったり、アカデミックな内容です。

TOEFL試験内容

TOEFL試験はリスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの4つのパートで構成されますので万遍なく対策をする必要があります。 TOEFL IBTと呼ばれるオンラインテストとTOEFL ITPと呼ばれるペーパーテストが現在実施されています。TOEFL ITPのペーパーテストは学校や企業などの団体で実施されているテストで個人で受験する場合は基本的にTOEFL IBTのオンラインテストを受験するようになります。対策コースでは模擬試験を解き傾向を把握したり、スピーキング試験の練習として先生が試験官役になりロールプレイングをしたりして進められていきます。

TOEFLの採点方法

TOEFLは合格、不合格で判定されるのではなく、点数制で受験すると必ずスコアが出ます。 IBTの場合0点~120点の間で表示されます。学校によっても異なりますが、一般的に大学に進学する場合は85以上、専門学校やカレッジの場合は70以上が目安になっています。 有名難関大学になると、100以上などやはりハードルは高くなります。

目安となるコース期間

個人差はありますが、TOEFLのスコアを10点程度上げるのには3か月程度必要になると言われています。もちろん元ある英語力によっても変わりますが、現在の英語力と目標となるスコアを照らし合わせて受講期間を決めて下さい。

有効期間

試験結果は2年間有効となります。

TOEFL試験対策コースの受講必要な英語レベル

語学学校に設置されているTOEFL対策コースを受験する場合中級のIntermediate以上が必要となってくる場合が多いです。TOEFL対策コースは模擬試験を繰り返したり、時間短縮のテクニックを学んだりしますので、受講開始時にある程度英語力がないと受講の効果が見込めないと考えられています。(※必要な英語力は学校によって異なります。) 受講は1週間から可能です。

ベシ・インターナショナル・ランゲージ・アカデミー

ベシ・インターナショナル・ランゲージ・アカデミー

32,083円/週~

EECIは、ESL講師の教育に重視した訓練組織であるTESLAと提携。これにより、BECIは最高水準の講師を安定して供給することが出来ます。特にスピーキング力の向上を狙う学生に向けた独自プログラムが充実しています。
イングリッシュ フェラ 1校舎

イングリッシュ フェラ 1校舎

$353/週~

目的に合わせてキャンパスを選ぶことができるフレキシブルなシステムで、比較的自由なリゾートタイプのキャンパスと、外出禁止の規定があるスパルタタイプのキャンパスがあります。
C21 インターナショナルランゲージスクール

C21 インターナショナルランゲージスクール

$361/週~

マニラに位置するスピーキング重視の語学学校です。スピーキング重視の講座やセミスパルタを採用し、英会話の上達を促します。多種多様の福祉活動やアクティビティも用意されているので、その場で英語力を試すことができます。
ファーストイングリッシュグローバルカレッジ

ファーストイングリッシュグローバルカレッジ

$343/週~

こちらの学校は日本人の教育のプロが作成しているので日本人の英語力を伸ばしていくように作られています。最大でも100名以下で日本人スタッフも常時在籍していますのでアットホームでケアもばっちりです。
3D アカデミー

3D アカデミー

31,625円/週~

リゾート地として有名なフィリピン・セブ島の市内の中心部に位置する日本資本の語学学校です。実践的な英語の勉強をモットーにしており、日本人が苦手なスピーキングをマンツーマンでも集団授業でも特化して授業を進めていきます。
Loading...