フィリピン留学でTOEICの点数はアップしますか?

はい。TOEICの点数もアップします。

語学学校にはTOEIC対策コースというコースもあり、TOEICテストを熟知した専門の講師が点数アップのテクニックを教えてくれますのでそちらのコースを受講することをおすすめ致します。

個人差はありますが、1か月~2か月の留学で200点程度スコアがアップしたという方もいます。また、TOEICの公式テストセンターになっている学校もご紹介していますので普段勉強している学校でTOEICテストが受けることが可能です。

フィリピンで学んだ英語は欧米圏でも通用しますか?

はい。問題なく通用します。

語学学校で教えているフィリピン人講師はしっかり学校側が査定をしており、英語教育、指導法ともに高いレベルを持たれた方がほとんどです。そのため、欧米圏と変わらない英語を身に付けることができます。

日本の大手有名企業が社員の英語力向上の為にフィリピン留学を行っていたり、外資系企業がコールセンターをフィリピンに置いていたりしますので、世界中でフィリピンの英語は認められています。

ご希望でしたら、講師全員がネイティブスピーカーの学校もご紹介可能です。

フィリピンの留学で英語は話せるようになるのでしょうか?

就学期間にもよりますが、留学前よりは確実に話せるようになるかと思います。 理由としては下記の2つが挙げられます。
1つ目はフィリピンではマンツーマンで主に授業が進められていくということです。 マンツーマンですので自分と先生の会話がないと授業は成立しません。集団授業のように先生が一方的に話し、 生徒が聞くというような構図にはなりませんので、いやでも話さなければならない環境になります。もちろん授業の中でも会話自体の練習はしていきますので、話す時間が長くなることにより会話力も上がりやすいと言われています。
2つ目は会話特化のカリキュラムを取り入れている学校が多いことです。 フィリピンに英語留学される主な国籍は日本をはじめとし、韓国、台湾などの方がほとんどを占めます。 この国籍の方たちの英語力に共通して言えることはコミュニケーションがうまく取れないということです。 文法や読解は問題なくできるので、話すとなると全くできない、だから話すことを重点的に勉強したいと希望を持ったが多いので、 学校側も需要の関係で自然と会話特化のカリキュラムにしている学校が多いのです。